トレンド相場でのスキャルピングトレードについて

為替相場にはトレンド相場とレンジ相場がありますが、FXのトレードをして利益を出しやすいのは前者のトレンド相場です。

 

なぜならどちらか一方方向に為替の値が動くことになるので、その動きを予測しやすいからです。

 

そしてスキャルピングをする場合も基本的にトレンドフォローの方法で取引をすることになりますが、この相場ではスキャルピングの方法ではなく他の方法でトレードしたほうがいいのではとも考えられます。

 

しかしトレンド相場でスキャルピングをする意味もあるので、必ずしもそうとは言えません。 そこでこれからトレンド相場でのスキャルピングトレードについて書いていきたいと思います。

 

スキャルピングのほうが利益を出せる場合があります

トレンド相場でトレードをする場合、スキャルピングの他にデイトレードやスイングトレードの方法で取引をしても一定の利益を出すことができます。

 

しかしスキャルピングの方法でトレードしたほうが利益を出せる場合があります。

 

具体的にはトレンドができて為替の値が上昇する場合、細かい値動きでは上がったり下がったりします。
そのためスキャルピングの場合は下がったところでエントリーしてその後最高値を更新したあたりで決済するのを繰り返します。

 

デイトレードやスイングトレードの場合は一度エントリーしたら、そのままポジションを保有し続けて、ある程度の目安まで為替の値が動いたところで決済します。
そのため合計ではスキャルピングのほうが利益を出せることになります。

 

そのようなことからトレンド相場でもより多くの利益を得たいのであればスキャルピングでの取引を選択することになります。