スキャルピングで口座凍結されるリスクについて

近年よく耳にするのが、「スキャルピングトレードをしていると口座を凍結されてしまう」というニュースです。

 

実際に、スキャルピングトレードを禁止しているFX取引業者も存在するために信憑性が高い話題になっていることも挙げられますが、中には「スキャルピングトレード歓迎」としている業者も存在しますので、どちらが正しいのか分からないという人も多いと思われます。

 

FX業者がスキャルピングトレードを禁止する理由としては、「数秒の間に取引を繰り返されるとシステムに大きな負荷がかかるために、システムがダウンしてしまう危険性が高まってしまう」ということです。

 

最近ではFXのシステムトレードと合わさったツールなどが販売されていて、このツールを使用すると、その場に居なくてもスキャルピングトレードが出来るようになっていますので、このようなツールを使用してトレードをする人はシステムに大きな負担を掛けてしまうことが予想されますので、普通に手動でスキャルピングトレードをしている場合は、
口座が凍結されてしまうということも無いと思われます。

 

万が一の場合を考えて、口座が凍結されてしまうリスクがあるというのなら、取引に使用する口座を2つ以上にしておくといいでしょう。

 

普段は1つ目の口座を使用するようにして、凍結されてしまったら2つ目の口座を使用するということになります。

 

口座が凍結されてしまっても中に入っている証拠金などが無くなることはありませんので、取引を中断すること無く利用することが出来るようになります。