スキャルピング・デイトレ・スイングの違いとは

トレードの手法となっている、「スキャルピングトレード」、「デイトレード」、
スイングトレード」の違いについて紹介していきます。

 

これらのトレードの大きな違いとしては「ポジションを保有している時間」が異なるのがポイントになっています。
スキャルピングトレードの場合は、数秒〜数分間の間に、
保有していたポジションを約定することになります。

 

デイトレードの場合は、数時間〜十数時間程度になっていて、長くてもその日のうちにポジションの約定を完了させます。スイングトレードの場合は、数日〜1週間程度になっていることが特徴的です。

 

ポジションを保有している期間が異なるということは、
重要視するポイントも大きく異なることになります。

 

例えば、スキャルピングトレードやデイトレードでは、スワップポイントの金利についてはそれほど気にする要素ではありませんスワップポイントが付く時間帯にポジションを保有していることがないので、合ってもなくても同じということになります。

 

しかし、スイングトレードの場合は、数日〜1週間程度の保有となるので、
その期間はスワップポイントがつくために、大切な要素のひとつとなっています。

 

また、スプレッドに関しても、スイングトレードの場合は一定期間のトレード回数が少ないのでそれほど気になることもありませんが、1日に数十回〜数百回のトレードを繰り返すスキャルピングトレードの場合は外せない要素の一つとなっています。

 

このように、それぞれのトレード手法に対して一長一短の特徴がありますので、自分に合った手法で取引をすることが大切です。