スキャルピングにマッチしたテクニカル

FXの為替相場の動きを予測する分析方法には主に2つあります。それは、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」の2つになっていて、それぞれに一長一短の特徴が存在しますが、スキャルピングトレードにはテクニカル分析がマッチしています。

 

テクニカル分析とファンダメンタル分析の特徴を簡単に紹介すると、テクニカル分析というのは、「過去のチャートの動きから未来の相場の動きを予測して分析する」ということになっていて、ファンダメンタル分析は「経済成長率や政策金利、雇用情勢などの経済指標を元に分析するもの」となっています。

 

この部分だけを見ても、この2つの分析方法が全く異なる点から
予測されているというのがよく分かります。

 

ファンダメンタル分析については中長期的に投資をする人に向いている分析方法となっていますが、スキャルピングトレードのように、瞬間的なトレードを主軸に行う手法としてはマッチしていません。

 

テクニカル分析については、過去のチャートから未来の相場の動きを予測するタイプとなっているので、ツールなどに情報を読み込ませることで予測しやすくなります。

 

あとは情報の精度となっていますが、様々な情報を
活用することによってテクニカル分析を、より盤石な
ものにしてFX取引をする事ができます。

 

テクニカル分析に向いているのは短期的なトレードを
繰り返すタイプの投資手法だけではなく、チャートから
直感的に何かを掴み取ることが出来るようなタイプの
人にも向いている分析方法となっています。