オシレーター系のチャートだけで利用してスキャルピングをしよう

スキャルピングの方法で取引をする場合はいろいろなチャートを利用することになりますが、その中でも有効なのがオシレーター系のチャートです。
これは相場がどのくらい加熱の状態になっているのかを判断するチャートのことで、基本的に相場の反転を予測してエントリーするために利用します。

 

相場の反転をうまく捉えることは少ない利益を獲得することになるスキャルピングに適していると言えるので、このチャートだけ利用して取引をしてみましょう。

 

どのオシレーター系のチャートを利用するのがいいか?

それではスキャルピングをする場合、どのオシレーター系のチャートを利用すればいいのかというと候補はいくつかあります。まずあげられるのが一定の範囲内に為替の値がある確率は何%かということを判断することができるボリンジャーバンドです。

 

それから買われすぎ、売られすぎを%で表したチャートであるストキャスティクスも取引を使用するにおいて有効なチャートであると言えます。

 

主にこの二つのチャートを利用して取引をすればそれなりに精度の高いトレードをすることができるでしょう。

 

一緒に使用するとより効果的です

 

オシレーター系のチャートを単独で使用する場合でもある程度の成果を出すことは可能ですが、スキャルピングで利益を出すためには勝率を高くする必要があるので、取引の精度を少しでもあげる必要があります。

 

そこでボリンジャーバンドとストキャスティクスを一緒に使用し、両方のシグナルが売買のサインを発した時だけ取引をすると効果的です。

 

なぜならチャートで少なからず発生する騙しを排除することができるからです。