ストップ狩りが少ない業者を選びましょう

数秒単位から数分単位の間で取引をするスキャルピングの方法でトレードをする場合、1pipの差が取引の結果に大きな影響を及ぼすことになります。

 

そのため利益を確定する時はもちろんのこと損切りをする場合でも少しでも損失を少なくしたほうがいいため、ストップロスオーダーをする位置にもこだわることになります。

 

そこでスキャルピングをするための業者選びで大事になってくることの一つにストップ狩りが少ないかどうかということがあげられるので、これを基準にして選ぶのも一つの方法です。

 

ストップ狩りとは?

ストップ狩りとはどのようなことを言うのかというと取引をしている人があらかじめ設定をしているストップロスオーダーを約定させるために意図的に売買をしかけることを言い、主に投機筋であるヘッジファンドが行います。

 

FXの取引をする場合、相場の中で直近の高値や安値などの節目の場所の少し離れた場所にストップロスオーダーを置くことになりますが、この節目の付近に為替の値が来たら、その方向へ売買をしかけてストップロスオーダーの置かれているところまで値を持っていってストップを狩ることになります。

 

それによってストップロスオーダーを出している人は損切りをされられてしまうことになります。そのためスキャルピングをする場合はストップ狩りの少ない業者を選ぶのがいいです。

 

ストップ狩りの少ない業者とは?

それではストップ狩りが少ないFX業者はどこなのかというとそれはヒロセ通商です。
このFX業者はスキャルピングでの取引も可能であると公言しているため、この方法での取引をするための環境が整っています。

 

ストップ狩りが少なければそれだけ無駄な損失も少なくなるので、取引をして利益を出しやすくなります。スキャルピングでうまく取引をしたいのであればヒロセ通商を利用しましょう。