必ずしも損小利大を考える必要はありません

外国為替の値はどのように動くのかを100%予測することはできないので、例えFXの取引の熟練者でも損失を出してしまうことになります。そのためこの投資をするためにはある程度の損をすることを前提に考えて望む必要があり、その損失よりも多くの利益を出してトータルでプラスになるような形で取引をすることになります。

 

そして損失をできるだけ少なくして、利益を可能な限り多くする損小利大になるように考えて取引をするのがFXの鉄則なのですが、スキャルピングの方法でトレードをする場合においては必ずしもそのように考える必要はありません。

 

損小利大を考えなくていい理由

スキャルピングの方法で取引をする場合は基本的に少しの利益が出たらすぐに決済をして確定させることになり、そのような取引を数多くこなすことになります。

 

そのため利益を大きくするという余地がないので、当然損小利大を考える必要はありません。またそれを考えてしまうと利益を大きくするために決済をするベストなタイミングを逃してしまうことになって、うまく取引ができなくなってしまうこともあります。

 

そのためスキャルピングをする場合は損失は少なくすることだけ考えて、利益を大きくすることは考えない方がいいでしょう。

 

勝率をできるだけ高めましょう

スキャルピングでFXの取引をする場合は、損小利大よりも勝率が高くなるように取引をすることが大切であると言えます。

 

よくFXのトレードは勝率はあまり気にする必要はないなどと言われることもありますが、それはスイングトレードなどある程度大きい利益を出すことができる方法で取引をする時の話で、スキャルピングで取引をする場合ではこの限りではありません。

 

1回の取引で得ることができる利益が少ないこの方法では勝率の高さが重要です。