経済指標の発表を利用したスキャルピングは有効か?

FXの取引をする場合、世界のいろいろな情報をチェックすることになりますが、その中の一つに経済指標があります。 これはいろいろな国の政府や経済の省庁が定期的に発表している経済に関するいろいろな統計のことを言います。

 

為替の値はいろいろな国の経済状況によって大きく変化することになるので、経済指標が発表された時にFXの取引をすると利益を得られることが少なくありません。

 

実際にトレードしている人の中でも経済指標の発表直後を狙ってやっている人もいます。
そしてスキャルピングをする場合、経済指標を発表を利用したトレードは有効なのでしょうか?

 

経済指標の発表直後のスキャルピング取引はアリです

経済指標が発表された直後にスキャルピングの取引をするのは基本的に有効です。
なぜならこの方法でのトレードは数秒から数十秒程度の超短期でするため、経済指標が発表した直後に一瞬値が上がって、その後すぐに下がった場合、買いでエントリーした時に上がった瞬間、すぐに決済しようとします。

 

そのようなことから損失を出してしまうより利益を出せることのほうが多いからです。
またこのような変化も普段スキャルピングの取引をしていて、細かい為替の値動きに慣れている場合はしっかりとらえることができるので問題はありません。

 

そして経済指標にもいろいろな発表がありますが、その中でもアメリカの雇用統計を利用するのがいいでしょう。
雇用統計は原則毎月第1週の金曜日に発表されますが、サプライズな結果が出た場合、大きく為替の値が動くので取引しやすいです。

 

雇用統計の中でも非農業部門雇用者数と失業率が大きな影響を与えるので、この指標を利用してスキャルピングをする場合、この二つを注目するといいでしょう。