ポジション病にかからないようにしましょう

スキャルピングの特徴としてあげられるのが、他の取引方法に比べてトレード回数が格段に多くなるということです。そのためこの方法で取引をする場合において、できるだけ多くのトレードをするためにエントリーをしてポジションを立てたほうがいいと思う人も少なくありません。

 

しかしただポジションを多く立ててもなかなかうまく取引をすることができるわけではなく、スキャルピングにおいてもどこでエントリーをするのかをしっかり考える必要があります。そのため取引をする場合においてポジション病にかからないようにしましょう。

 

チャンスと感じたら一気に取引しまくる

スキャルピングの方法で取引をする場合において取引回数を多くしなければいけないのですが、取引をする場面はしっかり選別する必要があります。

 

そこでどのような場面でエントリーをすればいいのかというとそれは利益を出すチャンスと感じることができる相場です。このような場面で一気に取引をすることによって損失トレードを最小限に抑えつつ、より多くの利益を獲得することができます。

 

またこのような場面においては例えある程度の利益を獲得しても手を緩めることはなく、取れるだけ取るという気持ちでトレードすることが大切であると言えます。

 

取引しにくければ一切取引をしない

上記のような場面に対して、相場を分析して取引しにくそうだなと感じた場合は一切取引をしないことが大切です。

 

スキャルピングをする場合はどうしてもポジションを立てたいと考えてしまいますが、そのようなことをしてもうまくいくことはありません。

 

そのためこのような時は取引をしないで相場だけを見て、一向に取引ができなそうであれば、その場で辞めてしまうのがいいでしょう。