スキャルピングNGの業者が多いのはなぜ?

スキャルピングトレードをNGにしている業者が多い理由としては、「システムに負荷がかかってしまい、通常の取引に支障をきたしてしまうため」とされています。

 

スキャルピングトレードは、数秒間で約定するケースも少なくないトレード手法となっているので、FX業者が提供しているシステムに大きな負担を掛けてしまうことも少なくありません。

 

システムに大きな負荷をかけてしまうと、他の利用者にまで迷惑がかかってしまう事になりますので、FX取引業者がスキャルピングトレードを禁止していることが多いということに繋がります。

 

その反面、スキャルピングトレードを歓迎している業者があることも事実です。
これは、自社のシステムが強固に作られていることをアピールしていることに繋がっているのですが、スキャルピングトレードを歓迎している業者に見られる共通点としては、「約定率が高い」ということが挙げられます。

 

約定率というのは、システムの強度と比例していることが多いので、スキャルピングトレードでFX取引を行うのなら、約定率が高い業者を選択することが大切なので、基本的にはスキャルピングトレードを歓迎してくれる業者を選択するのが一番とされています。

 

しかし、スキャルピングトレードには、約定率の他にもスプレッドや手数料といった問題も外せない要素となっているので、業者を選択する際には全ての要素を考慮した上で選ぶといいでしょう。