スキャルピングは時間効率の良さが魅力

スキャルピングはFXの取引の中でも一番の短期売買です。

 

そのため1回の取引をする場合において狙うことになる利益も基本的に小さくなります。

 

またスキャルピングという名前の由来もアメリカのインディアンが頭の皮を薄く剥ぐというスカルという言葉から付けられていることからも少ない利益を獲得していくということがわかります。 そこで具体的にスキャルピングの取引をしてどのくらいの利益を狙っていくのでしょうか?

 

基本的には10pip前後の利益を狙っていきます。

スキャルピングの取引をする場合為替の売買によって生じる上下の一つの動きを捉えてエントリーから決済まですることになります。そのため基本的に10pip前後の利益を狙っていくことになります。

 

そのため予想とは逆の方向に為替の値が動いてしまったことによる損切りも損失の額が多くても10pip以下になるようにしなければなりません。このようなことから他の取引に比べて常に素早い判断が求められてきて、なおかつ実行する必要があります。

 

必ずしも10pip前後の利益を狙わなければいけないわけではない

スキャルピングの方法でトレードする場合、基本的には10pip前後の利益を狙っていくことになるのですが、すべてそのような形にしなければならないというわけではありません。
取引をする場合、ちょうどエントリーをした時点が大きな利益を狙えるという局面である場合もあります。

 

このような場合は当初スキャルピングの方法で10pip前後の利益を狙おうとしてもエントリーしてから予想以上に為替の値が動いた場合はそのまま決済をしないでポジションを保持し続けるのもアリです。

 

このような形で取引をするとスキャルピングでより勝てる可能性が高くなります。