スキャルピングの取引に影響する精神状態の判断方法

スキャルピングの方法でFXの取引をする場合、トレードのスキルはもちろん重要になるのですが、それ以外に精神面がどのような状態にあるのかというのは重要です。

 

なぜなら他のトレード方法に比べて集中力や忍耐力を要する取引方法なので、精神面で乱れが生じている場合にトレードしても正確な相場の判断をすることができないので、利益を出すことができる可能性も低くなってしまうからです。そのためもし精神面の充実を感じることができない場合は取引を見送ったほうがいいでしょう。

 

そこでスキャルピングの取引をするか否かのバロメーターである精神状態はどのように判断すればいいのでしょうか?

 

次々とアイデアが浮かんでくるかで判断できます

スキャルピングの取引をする場合、精神状態が充実している場合は取引に関するアイデアが次々浮かんでくるので、スムースにトレードできます。

 

そのためもしなかなかいいアイデアが浮かんでこないなと感じるようであれば精神状態があまり充実していないと言えます。このような状態で取引をしてもなかなか思うように取引ができない場合が多く、トータルでマイナスになってしまうことも少なくありません。

 

取引の失敗を自分以外のせいにしているかどうか

取引で失敗してしまった場合にその原因は自分以外のところにあると考えてしまう場合も精神状態が充実していないと言えます。

 

なぜなら精神状態が良好である場合は物事を客観的に見ることができるので、取引の失敗はすべて自分のせいだと思えます。

 

例えば地政学リスクによって為替の値がエントリーした方向とは逆に動いた場合でも、地政学リスクのことを考えなかった自分が悪いという具合です。そのためもし取引がうまくいかないのは「環境のせいだ、相場のせいだ」などと思ってしまう場合は相場から離れて取引を見送ったほうがいいでしょう。

 

 

スキャルピングの取引に影響する精神状態の判断方法関連ページ

うまくいかなかった場合の取引と逆のことをしてみよう
トレード方法が自由というのがFXの魅力ですが、自由というのは答えがないとも言えます。勝っているトレーダーも試行錯誤して自分のトレード手法を編み出していますが初心者の場合は試行錯誤の仕方もわからないというのが実情ではないでしょうか。ここでは、「トレードがうまくいかないときにどうするのか」に主眼をおいて解説しています。どうしたらいいのかわからないという方は参考にしてみてください。
FXは本業にいい影響を与えます
FXを始めると会話のボキャブラリーが増えて本業にいい影響を及ぼすことがあります。「そんなはずない」と思われるかもしれませんがFXトレーダーの多くの方が実感していることです。
休憩時間には体を動かすといいです
スキャルピングトレードは極度の集中状態が続くため見えないストレスが体に蓄積しています。ストレスがたまっている状態ではいつものトレードができなくなってしまいますから適度な運動をするようにしましょう。
無の状態になって取引できるとうまくいくことが多い
FXのトレードは手法3割メンタル7割といわれるくらい心のバランスが重要です。、特にスキャルピングの場合は何回もトレードしますからちょっとした心の乱れで結果が悪くなってしまうことも多々あります。このページでは「いつも同じ状態でトレードできるようにするための心構え」について解説しています。自分の心の管理ができないという方は参考にしてみてください。