適度に休憩を入れながら取引しよう

スキャルピングの方法で取引をしている人の中で一番多いのは専業でやっている人です。なぜならこの取引方法は指値などの自動取引をすることができず、成行で注文をしなければならないので、相場をしっかり見ていないと取引をすることができないからです。

そこで専業でやっている人は基本的に1日中時間を利用することができるので、長時間取引をする人も多いですが、スキャルピングの方法で取引をする場合には適度に休憩を入れながら取引をしたほうがいいでしょう。

 

なぜ休憩を入れながら取引をしたほうがいいのか?

なぜスキャルピングの方法でFXの取引をするにおいて、適度に休憩を入れたほうがいいのかというとそれは人間の集中力は長時間続かないからです。基本的に人はあることに集中することができる時間というのは1時間くらいで長くても1時間半だと言われています。

 

そこで2時間も3時間も続けて取引をしているとだんだん頭が疲れてきて、集中力が欠けてきてしまうことになり、精度の高い取引をすることができなくなるからです。

 

スキャルピングの取引は少し判断が鈍くなるだけで結果が大きく変わってきてしまいます。

 

そのためできることであれば40分から1時間くらいを1サイクルとして、適度の休憩を入れながら取引をしていくのがいいでしょう。また時間が経過していくことによって疲労も溜まってくるので、1サイクルの時間を30分くらいにして休憩の時間を長くすると効果的な取引をすることができます。