買われすぎ、売られすぎになりかけてきたらスキャルピングに切り替えよう

FXの取引をする場合、当初からスキャルピングの方法で取引をする場合もありますが、最初はスキャルピングよりも長い期間ポジションを保有して利益を狙っていき、その後状況によってスキャルピングの方法で取引をするという場合もあります。

 

どのような場合にスキャルピングの方法で取引をするようにするのかというとそれは相場が転換し始めた場合です。なぜならこのような場合は長い時間ポジションを保有すると相場が転換して損失を出してしまうことがあるためです。

 

相場が転換し始めることによってスキャルピングに切り替える理由

それでは当初はスキャルピングよりも長い期間ポジションを保有して取引をしていた場合相場が転換し始めることによってスキャルピングの方法に切り替えることになる場合、どのようにして相場の転換点を判断すればいいのかというとそれは買われすぎ、売られすぎの状態になっているかどうかで判断できます。

 

基本的に長い期間ポジションを保有して取引をする場合は順張りの方法で取引をすることになるので、為替の値動きに沿った取引をすることになります。

 

そこでチャートはトレンド系のもの利用することになりますが、それと同時にオシレーター系のものを利用して買われすぎ、売られすぎであるかを判断し、その状態になってきたらスキャルピングの取引に切り替えましょう。

 

このように取引をすればより多くの利益を出せて、損失のリスクも回避することができるため、より満足できる結果を得ることが可能となります。