「相場は明日もある」ではなく「相場は次もある」

FXの取引をする場合、どのような優れたトレーダーでも一定の損失を出してしまいます。
トレードをして損を出してしまうとどうしても落ち込んでしまいますが、そのような状況を続けていてはFXの取引をするにおいてマイナスになってしまいます。

 

そのため相場の格言においては相場は明日もあるというものがありますが、スキャルピングをする場合は相場は次もあるです。

 

相場は明日もあるという意味は?

相場は明日もあるとはどのような意味なのかというとFXの取引をすることができるのは今日だけではなく明日以降もすることができますよということです。具体的には例え今日取引でうまくいかなくて損失を出してしまっても、明日また取引をして利益を出すことができれば十分挽回可能ですということです。

 

取引をして損失を出してしまうと落ち込んで前向きになれないことも少なくありませんが、そのような時こそこの格言を思い出して取引をすることが大切であると言えます。

 

相場は明日もあるということを理解しておけばその日取引で損失を出してしまっても、明日以降も取引できるので大したことはないと思うことができていい結果を残すことができます。

 

スキャルピングの場合はなぜ相場は次なのか

スキャルピングの場合は相場は明日ではなく次に置き換えたほうがいいでしょう。なぜならこの方法で取引をする場合、一日に何十回もの取引をすることになります。
そのため相場が明日だと気持ちの切り替えが間に合わなくなります。

 

そのためスキャルピングの場合は1回の取引で損失を出しても相場は次もあることを思い出して気持ちを切り替える必要があるからです。