海外業者のメリットとデメリット

FX取引をする際に、海外の業者を利用するという人も多いかもしれませんが、そんな海外のFX業者に関するメリットとデメリットについて紹介していきます。
海外の業者を利用する最大のメリットとしては、「ハイレバレッジが多い」ということが挙げられます。

 

日本国内のFX業者の場合、最大のレバレッジは25倍までと法律で定められています。
しかし、この法律はFX業者が存在する国によって異なりますので、海外のFX、業者には、200倍や500倍、1000倍の業者も多くなっています。

 

レバレッジ1000倍というのを簡単に紹介すると、1ドルが100円だと計算した場合、100万ドルの取引をするのなら、1億円が必要ということになりますが、レバレッジが1000倍だと、10万円で取引をすることが可能ということになります。

 

これだけを見ると、大きな利益を生み出すように見えますが、FXはゼロサムゲームの投資となっているので、大きな利益を生み出す可能性があるということは一瞬で破産してしまう危険性もあるということになります。

 

そのため、本来ならレバレッジを掛けることすら中級者以上でないと難しいとされていますが、海外のハイレバレッジではFXに慣れている専門家でないと対処が難しいでしょう。

 

そしてデメリットに関しては、沢山ありますが主に2点紹介します。

 

それは、「信頼性の問題」と「日本語が通じないことが多い」ということです。
海外のFX業者は、顧客の意向を問わずに勝手に決済をされることや、
利益が出ている状態なのに約定することもあります。

 

そして、口座を勝手に凍結されて証拠金を引き出してもらうことが出来ないというようなトラブルも報告されています。

 

日本国内の業者では考えられないようなトラブルも報告されているので、それらのトラブルに巻き込まれる危険性があるというのがデメリットとなっています。