自律反転狙いのスキャルピング

スキャルピングの取引で利益を狙ったほうが適している場面というのはいくつかありますが、早めの決済をしたほうが利益につながりやすい場合がよりこの方法で取引をするのに適していると言えます。

そこでどのような場面なのかというと自律反転をする時です。

 

このような場合は短い時間ではありますが、値動きの予測をしやすいのでスキャルピングをするのに適していると言えます。

 

自律反転とは?

自律反転とはどのようなことを言うのがというと一定の方向に為替の値が動いていて、一時的に調整として逆の方向に為替の値が動くことを言います。

 

なぜこのようなことが起こるのかというと取引をする人はエントリーするだけでなく、ある程度の利益が出たら決済をすることになります。
そのため一定の方向にある程度為替の値が動いたら、エントリーをした人の中には必ず決済をしようと考える人もいるので、一時的に逆の方向に強く値が動くことになります。

 

そして自律反発をうまく利用してスキャルピングをすることができれば、いい感じで利益を獲得することができます。

 

自律反転をどのように予測するか?

それではスキャルピングをするためにどのようにして自律反転を予測すればいいのかというと移動平均線とローソク足の距離が大きく離れている場合にまず注目しましょう。

 

さらにボリンジャーバンドやストキャスティクスなどを利用して買われすぎ、売られすぎであるというシグナルが出ている場合は自律反転が起こる可能性は高くなります。