インターバンク直結と相対業者の違い

証券業者はインターバンク直結の業者と相対業者があります。
日本国内の業者もすべてこの2つのどちらかに当てはまるのですが、相対業者の場合はスキャルピングなどの超短期取り引きをすると口座凍結になるというリスクがあります。

 

それはなぜなのか、なぜ手数料(スプレッド等)を払ってくれる客の口座を凍結して追い出す必要があるのか、解説してみたいと思います。

 

そもそもインターバンク直結とは

インターバンク直結というのは客の注文をそのまま市場に流すものです。

 

取り引きするごとに手数料がかかるデメリットがありますが、スプレッドが拡大しないというメリットもあります。

 

相対業者とは

相対業者とは客の注文を市場にすべては流さずに自社で処理するというものです。

 

FXは買いと売りができますから片方に偏る局面もあります。

 

そのような場面では買いと売りの比率が相対しないと業者のリスクが大きくなるため、スプレッドを大きく拡大してリスクをカバーします。

 

経済指標発表時などのレートが大きく変動するときや、早朝などの取引が少ない時間帯などです。

 

なぜ相対業者でスキャルピングをすると口座凍結する場合があるのか

国内のFX業者は相対業者がほとんどですが、スキャルピングをNGと公言している業者はありません。
ではなぜスキャルピングをすると口座凍結してしまうと言えるのかというと、業者からのメールの口座凍結理由に「サーバーに過度の負荷をかけたため」とあるからで、これと同じ内容のメールを受け取った人が多いためです。

 

サーバーに負荷がかかったからといって手数料を払ってくれる顧客を追い出すというのはちょっと理解に苦しみますが、口座開設時の約款に書いてあることですから従うしかありません。

 

結論

まとめると、口座凍結されずにスキャルピングするにはインターバンク直結の業者を使うかスキャルピングOKを公言している業者を使うしかありません。

 

ただ、インターバンク直結の業者は口座凍結のリスクはありませんが、
短時間で新規注文と決済を繰り返す場合はかなりの手数料がかかります。
相対業者のスプレッドは比ではない(経済指標発表時などを除く)ほどかかります。

 

ですので、数こそ少ないですがスキャルピングOKを公言している業者を使うことがおすすめとなります。

 

 

 

スキャルピングOKを公言している業者としておすすめな業者はヒロセ通商です。
相対業者なので指標発表時や早朝はスプレッドが開きますが、口座凍結の心配をしなくてもいいというのは安心感が大きいでしょう。

 

 

私はスキャルピングもデイトレもしますが、スキャルピングをするときはヒロセ通商、数時間ポジションを持つつもりのときはクリック証券を使うようにしています。

 

凍結から口座を守るために、業者の使い分けをするべきです。