逆張りだとルールを作りやすい

FXのエントリーは順張りの方法と逆張りの方法があります。順張りとは現在の為替の値動きと同じ方向にエントリーすることをいい、逆張りとは為替の値動きが反転することを予測して、現在の為替の動きと逆の方向でエントリーすることを言います。

そしてスキャルピングの方法ではどちらの方法で取引をすればいいのかというとそれは逆張りのほうがいいでしょう。

 

逆張りで取引をしたほうがいい理由

なぜスキャルピングの方法で取引をする場合において、順張りよりも逆張りの方法で取引をしたほうがいいのかというとその理由として1回の取引で得る利益は少ないので、損失もなるべく小さくする必要があるからです。

 

そこで順張りの方法で取引をする場合、タイミングを誤ると持ち値が悪くなってしまうので、損失がその分大きくなってしまうことがあるからです。これに対して逆張りの場合は予想が外れたら、すぐ損切りをすることが多いので、必然的に損失の額も少なくすることが可能となり、利益を出しやすいからです。

 

レンジ相場で取引をするとうまくいきます

一般的に為替の相場はトレンド相場とレンジ相場があり、前者のほうが利益を出しやすいと言われています。しかしスキャルピングをする場合においては一定の値の範囲内を上下するレンジ相場のほうが取引のタイミングをうまく捉えやすいです。

 

また予測がうまく当たって、為替の値が反転してから利益確定をする時間がちょうどスキャルピングで取引をする時間とマッチするので、うまく取引できることが多いです。