グランビルの法則を利用しましょう

スキャルピングは初心者よりも経験者のほうが有利な取引方法であるため、利益を出すためにはしっかりした法則に基づいて取引をしたほうがいいでしょう。

そこで初心者でもすぐに使える取引の法則としてグランビルの法則があります。

 

これはローソク足と移動平均線を用いた取引の法則でアメリカのチャートの分析を専門にしているグランビルによって開発されたものであり、この法則を用いて取引をしてみるのがいいでしょう。

 

グランビルの法則の詳細について

グランビルの法則とは買いでエントリーする場面が4つ、売りでエントリーする場面が4つの計8つあります。まず買いの法則として@移動平均線が上昇しかかっている時にローソク足が下から上に突き抜ける時Aローソク足が移動平均線よりも上にあり、一旦下にいって再度下から上に突き抜ける時Bローソク足が移動平均線よりも上にあり、下に突き抜ける前に反転して上昇した場合C為替の値が下落している場面でローソク足が移動平均線よりもかなり下にある場合で上昇した時の4つです。

 

これに対して売りの法則として@移動平均線が下落しかかっている時にローソク足が上から下に突き抜ける時Aローソク足が移動平均線よりも下にあり、一旦上にいって再度上から下に突き抜ける時Bローソク足が移動平均線よりも下にあり、上に突き抜ける前に反転して下落した場合C為替の値が上昇している場面でローソク足が移動平均線よりもかなり上にある場合で下落した時の4つです。

 

スキャルピングの方法で取引をする場合においてこの法則を用いて取引をすればかなり精度の高い取引をすることができ、勝率も大きくなって利益を出すことができます。